CATEGORY

人間

自分に自信がなくて人と比べてしまう自分から抜け出そう②

前回のブログで、私が人の目を気にするようになった背景や、人とつい比べてしまうようになってしまった原因、結果、自分に自信が持てなくなってしまったキッカケとなった事件についてお話をさせていただきました。   このショックな事件の裏には、「なんでありのままの自分でいることがいけないんだー!!!」 という怒りの感情も、奥底にはあったと思うのですが、当時の私はその怒りの感情を外に出すこともなく、我 […]

自分に自信がなくて人と比べてしまう自分から抜け出そう①

なぜ、人は自分と他人を比較してしまうのでしょう? 本当は、一人ひとりが唯一無二の存在なので比較しようがないはずなのに、 自分と近い存在(女性ならば女性と、男性ならば男性と)と比較しては 落ち込んだり、時には自分が優れてると思って優越感に浸ったりしてしまうのは 人間だったら誰もがやってしまうものだと思います。   人と比べては、自分を卑下したり、自己否定したりしてしまうので、それを繰り返す […]

人間は機械的条件反射の繰り返し・・・?

人間が機械とは思いにくいですが、実は機械のようなものだなとつくづく思います。 なぜなら、自分の意思とは関係なく、出来事や現象に対して条件反射的に 考えや感情が生まれ、そこから表現が生まれ、人との関係構築も作られます。   それらが、自分の思った通りのもので、自分が主人となってコントロールしていれば 話は別ですが、幼い頃の経験や体験によってつくられた判断基準に観点が固定されて そこで作られ […]

人間とは何なのか?

この世は、自分が見たいように見てる映画 または、自分のレンズを通して写し出した写真のようなもの それぞれの映画、写真が展開され それは、どれ一つとして同じものはない どんなレンズ越しに世界を見ているのか?が、人によって異なる しかし、そのレンズは自分にも他人にも見えるものではない。 それを、判断基準と言ったり、分かりやすく言えば、価値観を決めてる価値判断基準とも言う。 価値判断の基準は、生まれてか […]

理想の組織〜Dignity Teal組織の実現に向かって〜

いきなりですが、私は組織が嫌いな人間でした。 2人以上の人間が集まれば、もうそれは組織と言えるので 組織の最小単位はパートナーであり、友達との関係だったりします。   また、昔の私は、集団に対する集団というものに対する恐怖感、緊張感も 常に持っていたので、学校や会社、コミュニティなど、2人以上の人間が 集まる場に対する苦手意識がとてもありました。   私は、人に嫌われたくないと […]

違いから共通土台へ

人間の体の目で見たら、自他ともに境界線を決めつける暴力を平気でやって しまいます。 自分さえも決めつけてしまうのは、自分の尊厳を傷つけていることになります。 もちろん、相手に対してもそれは同じこと・・・ 例えるなら、自分や相手をまな板の上に置いて包丁で切り刻むようなものです。 「違い」ばかりにフォーカスして、摩擦、衝突、葛藤を生み出し続ける生き方は もう終わりにしませんか?これが戦争の根本原因です […]

Dignity Teal組織の具現化へ向けて

誰もが望む、理想的な組織とは、どんな組織でしょうか?   今、注目を浴びている「Teal組織」は、次世代型の進化型組織です。 予算もなければ、売上目標もない、階級や役職もない、組織図もない という、まさに今までになかった新しい組織です。   一体、どうすればこんな進化型の組織を作ることが可能になるのでしょう? 当たり前のことですが、「組織」は人が集まって作られます。   […]

Teal組織研究会Vol.3「教育・セルフマネジメント」

5回シリーズで開催しているTeal組織研究会ですが おかげさまで、早くもVol.3が終了しました。   今回のテーマは「教育・セルフマネジメント」でしたが、 毎回のシェアが濃度が濃く、話せば話すほどに深まっていく 皆さんの様子を、外から見ていて感じました。   普段、一つのテーマについて深めたり、ディスカッションするという 機会や習慣が少ないのが日本ですが、話す度に皆さんどんど […]

人類の大統合が未だに起きていない理由とは?「令和その⑤」

令和の時代まで、あと数日となりましたね。 以下のような内容が、誰もが分かる時代がもう目前に来ていると思うと とてもワクワクし、本当にすごい激動の時代にいることを実感しています。   ・beautiful harmony(美しい調和)がとれたチームプレーの働き方、生き方とは? ・人間誰もが望む上記ができない理由・原因とは何だったのか? ・思った通りにならずに葛藤や衝突、戦争状態が終わりなく […]

実は人間は皆「VRのメガネ」をかけている!?

VRとは、バーチャル・リアリティ(英: virtual reality)の略で、 現物・実物(オリジナル)ではないが機能としての本質は同じであるような環境を、 ユーザの五感を含む感覚を刺激することにより、理工学的に作り出す技術およびその体系のこと。 日本語では、「人工現実感」あるいは「仮想現実」とも訳され、古くは小説や絵画、 演劇やテレビなども、程度の差こそあれVRとしての機能を有している。 (出 […]